紀平梨花、海外メディアが浅田真央に重ねた姿「彼女のアイドルに不思議はない」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位でシニアGPデビュー戦の紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技で154.72点をマーク。合計224.31点で衝撃の逆転優勝を飾った。米記者は美しく決めた3回転アクセル2発を動画付きで公開し、日本人初のGPデビューVの快挙を伝えているが、海外メディアから「彼女のアイドルがマオ・アサダであるのは不思議ではない」と憧れの3回転アクセルの女王になぞらえる声が上がっている。

 3回転アクセルを武器にする逸材が日本に再び現れた。紀平がファンの視線を釘付けにしたのは冒頭だ。

 3回転アクセルからコンビネーションジャンプをいきなり成功させ、一気に母国のファンを惹き込んだ。勢いに乗り、続く単発の3回転アクセルも高い跳躍から着氷。まるでそれが当たり前かのように飄々と決めてみせ、今季世界最高のアリーナ・ザギトワ(ロシア)に迫る154.72点をマーク。合計224.31点で5位から大逆転Vを飾ってみせた。

 フィギュア界に20年以上携っている米国の名物記者、ジャッキー・ウォン氏は3回転アクセル2本の実際の瞬間を「驚異的怪物だ」と最大級の賛辞とともに、ツイッターで動画付きで速報。海外メディアも続々と絶賛を展開し、「Rika Kihira」の名前は一躍、世界に轟いていたが、紀平にとって“憧れの人”になぞらえる声も上がっている。
ロシアが席巻する女子に現れた新星「リカ・キヒラがNHK杯に暴風を連れてきた」
 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイダースケーティング」公式ツイッターは演技直後、こうつづっている。

「彼女のアイドルがマオ・アサダであるのは不思議ではない。リカ・キヒラ、NHK杯にて」

 かつて3回転アクセルを武器にして、世界選手権を3度制したバンクーバー五輪銀メダリストの真央さんに姿を重ねせ、“3Aの系譜”を受け継ぐ16歳を称えた。さらに「3回転アクセル―3トウループ リカ・キヒラがNHK杯に暴風を連れてきた。美しい嵐だ」ともつづり、紀平が与えたインパクトを表現していた。

 ロシア勢が強さを発揮する目下の女子フィギュア界において、この日、将来が楽しみな逸材が生まれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA