伊藤みどり、紀平梨花の3A-3Tを絶賛「歴史に残っていくことをやった」

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート女子で世界初のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めた、1992年アルベールビル五輪銀メダルの伊藤みどりさん(49)が11日、グランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯で日本勢初となるGPシリーズ初出場優勝を果たした紀平梨花(16)=関大KFSC=を絶賛した。

 紀平は10日のフリーで3回転半-3回転トーループ、単発の3回転半を決め、ルール改正後の世界2位となる高得点を記録した。伊藤さんはこの日、エキシビションの合間に行われたトークショーで「君はすばらしい! 歴史に残っていくことをやった」と興奮気味に語った。

 その一方で9日のショートプログラム(SP)は3回転半で転倒したことを踏まえ、「あとはショートで決めたいね」とエールを送っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA