羽生結弦、衝撃の世界初4回転トウループ―3回転アクセル成功「ここで起きた、忘れてはいけない」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝。世界初となる4回転トウループ―3回転アクセルの連続技を着氷。歴史的快挙を成し遂げた絶対王者に対し、海外メディアは「ここで起きたのだ、忘れてはいけない」ともう絶賛している。

 羽生が歴史を動かした。敬愛するエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が演じた「ニジンスキーに捧ぐ」をオマージュしたフリーの新プログラム。優雅な調べに身を委ね、迎えた演技後半だ。高い4回転トウループを跳ぶと、ほぼ助走をつけることなく3回転アクセルを跳んだ。必死に堪えながら見事に着氷。歴史上で初の「4T-3A」の連続ジャンプを成功させた瞬間となった。

 耳をつんざく大歓声の中で演じ切った羽生。SPに続き、フリーの190.43点、合計の297.12点ともに新採点方式となった今季の世界最高得点を叩き出した。五輪連覇を達成し、追われる立場となってもなお、自らの限界を追い続ける強さを発揮し、圧巻のSP初戦圧勝を果たしてみせた。海外メディアも瞬く間に賛辞を送っている。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイドスケーティング」ツイッターは「ユヅル・ハニュウが4T-3A。ここで起きたのだ、GPヘルシンキで。忘れてはいけない#GPヘルシンキ#歴史を変える」とつづり、世界初の快挙を成し遂げた王者を絶賛。ヘルシンキの地で打ち立てた偉業は早くもフィギュア界へ、波のように押し寄せている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA