紀平梨花が優勝、トリプルアクセル2度成功「すごく良かった」

デイリースポーツ によると。

 女子フリーが行われ、SP首位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が125・30点の合計198・71点で優勝した。

 演技冒頭でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功。続けてトリプルアクセル-2回転トーループの連続ジャンプも降りた。しかしその後は立て続けに着氷を乱し、演技後半の3回転ルッツで転倒。「トリプルアクセルが2本決まったことはすごくよかったけど、気持ちのコントロールがうまくいかなかったのがちょっと悔しい」と振り返った。

 9日に開幕するNHK杯(広島)へ向けた調整の意味合いも大きかった今大会の出場。“本番”を意識して演技直前にあえて緊張感を高めるように自身を追い込んだと言うが、それが裏目に出てしまった。「緊張感に慣れることができるのかなって思ったけど、緊張感を出し過ぎるとやっぱりダメだと分かった。笑顔でリラックスしてやることが大事だなと思った」。迫り来るGPシリーズデビューへ、しっかりと調整する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA