羽生結弦、「106.69の衝撃」に米記者が粋な賛辞「羽生を超える人間は1人、それは…」

THE ANSWER によると。

圧巻SP世界新に熟練記者が最大級賛辞「羽生を超えられる人間は、この世に1人だけ」
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は3日、男子ショートプログラム(SP)で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が106.69点の今季世界最高点をマークし、首位に立った。演技後は「プーさんの雨」が降り注ぐ壮観な光景が広がり、10袋以上に膨れ上がった贈り物の“舞台裏”をIOC運営の五輪専門サイトが画像付きで紹介。大きな反響を呼んだが、海外記者は「106.69の衝撃」について「ハニュウを超えられる人間は、この世に1人だけ…それはハニュウだ」と粋な賛辞を送っている。

 五輪連覇を達成してなお、進化を目指し、挑戦を続ける。それが、羽生結弦という男だ。高いジャンプに美しいステップ、スピン。大きなミスなく新SP「秋によせて」を演じ切ると、耳をつんざく大歓声が響いた会場に「くまのプーさん」の雨が降り注いだ。得点は106.69点。新採点方式に移行後、SP世界最高得点だ。

「オリンピックチャンネル」は演技終了直後、リンク中央で羽生が両手を広げ、ポーズを決める中、黄色く銀盤が染まった壮観な1枚を画像付きで公開。さらに羽生が自前のプーさんを会場裏に持って引き揚げてくるシーン、10袋以上に膨れ上がったプーさんやプレゼントが集められたシーンと熱狂の舞台裏も切り取り、合わせて公開している。

 GPシリーズ初戦で強さを発揮し、断トツの得点を叩き出した羽生。反応した一人が米国の熟練記者、フィリップ・ハーシュ氏だ。演技直後、自身のツイッターに粋な表現で最大級の賛辞をつづっている。
「羽生を超えられる人間は、この世にたった1人だけ…その人物は…」
「たった今、ハニュウが出した106.89点を超えられる人間は、この世にたった1人だけ…その人物というのは…ハニュウだ」

 新しい採点方式で、あっさりと群を抜く得点を叩き出してしまった絶対王者に対し、もはや羽生を超えられる人間は羽生しかいないだろうと評している。ミハル・ブレジナ(チェコ)、金博洋(中国)ら歴戦のライバルを抑え、首位に立ったSP。海外メディアも続々と絶賛していたが、フィンランドから世界に与えたインパクトは日本のみならず、絶大だったようだ。

 しかし、当然、絶対王者がここで満足することはない。まずは目前にあるフリー。羽生が羽生を超える演技で、GPシリーズ初戦Vを掴みに行く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA