キム・ヨナ、スポーツ疎外層のため”1日講師”に

WoW!Korea によると。

元フィギュア女王のキム・ヨナ(28)が、体育疎外階層のため”1日講師”として奉仕活動をおこなう。

 ソウル市とソウル市障害者体育会は31日午後3時より、ソウル市内のスケートリンクにて「キム・ヨナと共にするスポーツ才能分かち合いデー」を開催すると30日、明らかにした。

 キム・ヨナは、現国家代表として活躍中の後輩選手らと共に講習会をおこなう。2018平昌冬季オリンピック・女子フィギュアスケートで7位となり実力が認められたチェ・ダビン(18)、2014ソチ冬季オリンピックに出場したパク・ソヨン(21)らも参加する予定だ。

 チュ・ヨンテ ソウル市観光体育局長は「有名スポーツ選手の才能寄付で、障害者体育に対する肯定的な認識改善の助けとなることを願う」と明かした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA