21歳トゥクタミシェワ復活V 次戦NHK杯出場を待望「日本に行けるのがとても嬉しい」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日、女子フリーでエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が129.10点をマークし、合計203.32点で優勝。21歳にして復活を印象付ける戴冠を飾り、次戦のGPシリーズ第4戦のNHK杯へ向け「日本に行けるのがとても嬉しい」と待ちわびている。

 かつての天才少女は21歳となり、妖艶に復活の舞いを演じた。トゥクタミシェワは冒頭の3回転アクセルこそ転倒したものの、それ以外は持ち前の表現力を発揮し、質の高い演技を披露。0.26点と僅差ながら日本の15歳新星・山下真瑚(中京大中京高)を抑え、優勝を飾った。15年の世界選手権女王にとって、歓喜の瞬間となった。

 国際スケート連盟(ISU)公式サイトによると、トゥクタミシェワは「今日はうまく滑れませんでした。トリプルアクセルで転倒してしまって、正直言うとナーバスになっていました。優勝したのはうれしいけど、もっと練習する必要があります」と語り、喜びながら自身の課題をしっかりと見つめていた。

 勢いに乗って挑む次戦は第4戦のNHK杯を予定。試合後には「次の試合は日本のNHK杯で、日本に行けるのがとても嬉しい。トリプルアクセルを改善したいです。そして、日本でより良い滑りを見せたいです」と語ったといい、GPファイナル進出をかけて日本の地で演技できることを楽しみにしていた。
恩師の名伯楽も手応え「今シーズンが3連勝で始まり、とても満足している」
 恩師にとっても手応えを感じる優勝となったようだ。ロシアのニュースサイト「championship.ru」によると、名伯楽のアレクセイ・ミーシンコーチは「もちろん、フリーの演技はしかるべきものとは言えない。だが(3回転)アクセルを除いてすべてのエレメンツをすることができた。なので、私たちは楽観している。今シーズンが3連勝で始まり、とても満足している」と語ったという。

 ロンバルディア杯、フィンランディア杯に続き、優勝を飾ったトゥクタミシェワ。15年の世界選手権制覇以降はエフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワら若い台頭もあって苦しいシーズンを過ごしてきたが、21歳となって見事に復活を遂げている。躍進が続くロシア勢で、意地を見せるかつての女王が今季のフィギュア界を大いに盛り上げてくれそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA