本田真凜、8位に終わり悔し涙「足首を捻ってしまって…」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第3日は21日(日本時間22日)、ワシントン州エバレットで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の本田真凜(17=JAL)はジャンプのミスに泣きフリーは9位となり、合計158・04点で8位に終わった。

 シニア2年目で、今季から米国に拠点を移した本田は、フリー冒頭の2連続3回転ジャンプで転倒し、その後もジャンプで回転不足などのミスが続いた。演技後は、悔し涙を流しながら「一番最初のジャンプからちょっと力が入らなくなってしまって…。足首を捻ってしまって、その後のジャンプで踏ん張ることができなかったので、早く治して次に向けて頑張りたいと思います」と話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA