トルソワ、弱冠14歳で世界に衝撃が走った…みんなが4回転を跳ぶなら私は5回転を跳びます

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートでISU公認大会で女子史上初の4回転ルッツを決めたアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)。弱冠14歳にして、界に衝撃を与えたが、多くの名選手を育て上げたエテリ・トゥトベリーゼコーチのもとで、いかに進化を遂げてきたのか。母国ロシアメディアが伝えた横顔をひも解くと、天才少女の肖像が見えてくる。

 世界に衝撃が走った。12日に行われたジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第7戦アルメニア大会。女子フリーで歴史的瞬間が訪れた。トルソワはフリーの冒頭、後ろ向きの助走から左足で踏み切り、高く舞った。そして、右足で着氷。右手をつきそうになったが、しっかりと堪え、4回転ルッツを成功。ISU公認大会で女子選手が史上初めて決めた。荒川静香が制したトリノ五輪の2年前、2004年に生まれた14歳。銀盤を舞う表情にあどけなさが残る天才少女は、どんな成長過程を歩んできたのか。

「sports.ru」によれば、トルソワは9月下旬にトゥトベリーゼコーチのもとでどんな練習を積んでいるのかを語っている。

「私はコーチたちがリンクで課題を課しながら、私を男子のグループに入れて練習させているのが好きです。私たちはたくさんジャンプします、氷の上でも床の上でも。通常、コーチたちは練習で2連続ジャンプや3連続ジャンプを見せるように言いますが、エテリ先生は跳べるだけ跳びなさいと言います」

 男子の練習に積極的に加わり、連続ジャンプも回数を決めずに挑戦させるというトゥトベリーゼ流指導を受けるトルソワ。昨年、名古屋で行われたジュニアGPファイナルの練習で3回転を6連続で跳び、驚かせたことを振り返りながら、そのうち3つはオイラー(ハーフループ)が入っていたことに言及した。一方、同門の先輩、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がオイラーなしで3回転を5連続で跳ぶことについて「これはとても多いです」とも語る。飽くなき向上心が常に宿っている。

「もし、五輪の選考の年にみんなが4回転を跳ぶなら私は5回転を跳びます」
 過去には自らトゥトベリーゼコーチに頼み込み、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)と一緒に練習し、「彼女はとても多く練習していました……とてもとても勝ちたがっていた」と刺激を受けたという。「私はエテリ先生に『もうこれ以上できません』と言ったことがありません。お母さんに言ったら『休憩してまた練習に行きなさい』と彼女は答えました。コーチたちは私が疲れているのを見たら、自分たちから私に休日を与えます」と練習の虫であることも明かした。

 それほどまでにフィギュアに対して熱い思いがあるからこそ、ルールに対しても考えを持っている。ジュニアの女子SPでは4回転ジャンプ、3回転半ジャンプが加点されないことについて「私は、それは不公平だともうみんなに言いました。でも私たちのルールはそうなっています。多分これまで誰もそういったジャンプをショートプログラムで跳ぶとは思っていなかったのでしょう。私が(跳んでいいか)尋ねたら、ダメだと言われました」と漏らし、ジュニアの大会でも限界に挑戦したい思いがあるようだ。

 まだ14歳。将来についても大きな夢を抱いている。「今はフィギュアスケートを頑張ってオリンピックで勝ちたいです」と五輪女王を思い描いたトルソワ。一方で「その後、大人になったら25歳くらいで家庭が欲しいです。大きくなって家を持ったら大きいプードルを飼います」と普通の女の子らしい希望も持つ。しかし、フィギュアとなると一変。強烈なまでの意欲を明かしている。

「私は単純に誰も跳ばないジャンプを跳びます。もし、五輪の選考が行われる年にみんなが4回転ジャンプを跳ぶなら私は5回転ジャンプを跳びます」

 近年、メドベージェワ、ザギトワが世界を席巻してきたフィギュア大国ロシアに、またしても現れた逸材。その成長度と伸びしろはまだ、陰りが見えそうにない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA