紀平梨花、NHK杯でトリプルアクセルに意欲

NIKKEI によると。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズに臨む日本の有力選手が7日、東京都内で記者会見し、平昌冬季五輪男子銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)は「自分を信じるシーズンにしたい。練習してきたことをぶつけ、失敗も成功も受け入れて次に生かせる戦いをしたい」と意気込みを語った。

今季がシニア本格参戦の紀平梨花(関大KFSC)はGPデビューとなる第4戦のNHK杯(11月9~11日・広島県立総合体育館)でのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)成功に意欲を見せた。練習では調子が良ければ7割の成功率といい「NHK杯で決めて、笑顔で終われる試合にしたい」と話した。

平昌五輪女子4位の宮原知子(関大)は「これまでのことをリセットして一からチャレンジするシーズン。ジャンプの質を上げたい」と心機一転を強調した。
ビデオメッセージを寄せた五輪男子2連覇の羽生結弦(ANA)は今季のテーマに「全力!」を掲げ「僕の根源であり、一番大事にしていること」と説明した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA