宇野昌磨の名言&迷言が“日めくり”に!

FNN PRIME によると。

まだまだ暑い日が続いているが、ネットでは「氷上の貴公子」こと宇野昌磨選手の新作カレンダーに発売前から熱い視線が注がれている。

「寝たいです。」今年2月 テレビのインタビューで発言(過去にも同様発言あり)

宇野昌磨選手といえば、2018年ピョンチャン五輪の男子フィギュアスケートで、羽生結弦選手に続く銀メダルを獲得。
高い技術力だけでなく、あどけなさが残る素直なキャラクターで「ループ失敗した時点で笑えてきました(笑)」など様々な迷言(?)も話題になった。

そんな自然体の言葉とともに、宇野選手の心に響く本当の名言もつづられた日めくりの卓上カレンダー「EVERYDAY SHOMA(1,404円税込)」が、9月15日に一般発売されることが発表された。

発売元である株式会社エンスカイは、去年初めて宇野昌磨選手の壁掛けカレンダーと日めくりを手がけ、今年も同様に2種類を発売するが、日めくりのほうだけに名言が載っている。
1か月分の日めくりなので、全31種類の言葉が毎日あなたを楽しませてくれることになる。

なぜ今年から名言・迷言を載せることにしたのか?
そして、宇野選手は“迷言”も使われることをどう思っているのか?担当者に聞いてみた。
ファンの声で載せることに
――なぜ今年から名言・迷言を載せたのか?

きっかけとしては、やはりピョンチャン五輪の時、宇野昌磨選手が自然体で言った言葉がネットやテレビで話題になっていたことです。
同時に、宇野昌磨選手は、真摯にスケートに向き合きあう中から出てくる名言もたくさん残しています。
この二つを組み合わせれば面白いカレンダーができるんじゃないかなと思いました。

あとTwitterでは、宇野昌磨選手のファンの方々から「この言葉を日めくりにしたら絶対ほしいのにな」という声が出ていました。
そういったファンの要望にも応えられたらいいなという思いで企画しました。

――日めくりにはどんな名言・迷言が使われているのか?

オリンピックで試合の疲れが残る宇野選手が、今何をしたいかを聞かれ「寝たいです。」といったのは大きな話題になりました。
あと、かなりのゲーマーである宇野選手が言った「課金は負けではない、手段です。」という言葉は、スケートファン以外のゲームファンの人たちがツイートして、大きな話題になったので、この二つの言葉は使っています。

「課金は負けではない、手段です。」今年2月 テレビの特集コーナーで紹介された言葉

――名言・迷言はどうやって探した?

いろいろネットを調べたり、宇野選手が出るテレビ番組は録画してあるので、その中から探したりしました。

――名言と迷言の割合は?

半分半分ぐらいですね

――宇野選手は迷言を使われることを知っているのか?

宇野選手サイドには、カレンダーの監修をしていただきました。
選んだ言葉も宇野選手サイドに全部見ていただいています。
そのうえで、いくつか「この言葉のほうがいいんじゃないか」というやり取りをしたこともあります。

その他にも、2016年に髪型について質問されて「これがパーマなのかどうかも分からない、寝ておきたらこうなった。」と答えた言葉も掲載されている。ちなみに、美容院ではいつもお任せだという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA