浅田舞の一番心に残るスポーツ名場面はソチ五輪での妹真央の姿「何か違うものをもらえた」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケーターでスポーツキャスターとしても活躍する浅田舞(30)が、4日にWOWOWプライムで3時間にわたって生放送される「無料放送!錦織・大坂・乾・柴崎・畑岡 あの人が選ぶ!衝撃と感動のスポーツ名場面50」(後5時)で、元フジテレビの田中大貴アナウンサー(38)とともにMCをつとめることになった。

 各界の現役アスリートや関係者・著名人が、過去にWOWOWで放送されたスポーツの名場面を厳選。現役選手では、テニスの錦織圭や大坂なおみ、ボクシングの井上尚弥、サッカー元日本代表でジュビロ磐田の中村俊輔、女子ゴルフの畑岡奈紗、そしてレジェンドとしてテニスの松岡修造やマイケル・チャン、元ボクシング世界チャンピオンの具志堅用高、さらにスポーツ好き芸能人のお笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑、俳優・金子昇ら豪華なメンバーが衝撃のシーンを熱く語る。

 また、WOWOWで8~9月にかけて錦織や大坂の活躍が期待される全米オープンテニス、世界最高峰のラグビーフランスリーグTOP14、さらに全英リコー女子オープンとエビアン・チャンピオンシップのメジャー2大会が開催される女子ゴルフツアーなど、人気スポーツ番組が放送される。それを前に、スタジオでは今後の見どころを語る出演者として、伊達公子(テニス)、大畑大介(ラグビー)、東尾理子(ゴルフ)、長谷川穂積(ボクシング)が出演。名場面を見ながら、これからの放送の楽しみ方などを語る。

 MCの浅田が放送に先立って、見どころや番組への意気込みを語った。

 ―ご自身にとっての名場面、名シーンなど、何が一番心に残っていますか?

 浅田「ソチ五輪の妹(浅田真央)のことで、残念ながらメダルはとれなかったんですけど、あれだけの凄く心に響く感じだったりとか、記憶に残るっていう、スポーツって結果がどうしても求められがちなんですけど、それでも何か違うものをもらえたな、っていう部分で、ずっと凄い心に残っていますね」

 ―その時は、どんな心境でしたか?

 「(ショートプログラムの失敗を受けて)とにかく何とか声をかけなければいけないという使命感がありました。ショックとか心配よりも、なんとかしてあげたいっていう、家族の一人としての気持ちでしたね。フリーで素晴らしい演技をしてくれた時は、ズーンと力が全部抜けたのがわかったくらいホッとしました」

 ―今回の放送で楽しみにしていることはなんでしょうか?

 「ゲストの方々が各ジャンルのレジェンドで、そんな方々に直接お話しを聞ける機会っていうのは、そうそうないと思います。直接お話しを聞ける機会をもらえたということがすごい嬉しいです。専門的なことをグッと引き出せたら最高に楽しいんじゃないかなと思っています」

 ―最後に、視聴者の方に番組のみどころやメッセージをお願いします。

 「スポーツ放送の3時間、そして生放送でMCを務めるということは初めてのことなので、どうなるんだろう、っていう不安もあるんですけど、田中さんと一緒に楽しく、そして元アスリートでフィギュアをしていたので、そういった経験も活かしながら、楽しい3時間にしたいなと思います」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA