真央、リンクで黙祷、テンさんしさつ刺殺で悲しみ

日刊スポーツによると。

 フィギュアスケート男子14年ソチ・オリンピック銅メダリストデニス・テンさん(25歳で死去)が19日に地元カザフスタン・アルマトイ市内で亡くなり、親しい友人である浅田真央さん(27)も悲しみに暮れた。19日夜、練習していた札幌市内のリンクで訃報を聞き、その場で黙とうをささげた。深夜にインスタグラムを更新し、「なぜ、どうして、信じられません、信じたくありません。大切な仲間の命が奪われたなんて、辛いです、悲しいです」とつづった。

 浅田さんにとってテンさんは、ロシアでタチアナ・タラソワ氏に師事していた時の練習仲間。11年に母匡子さんが死去した後、滞在先のカナダでそばにいてくれた友人でもあった。今日21日から2日間の「浅田真央サンクスツアー」札幌公演では、しんみりした雰囲気にならないよう、あえて黙とうはせず、いつも通りの滑りを見せる予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA