紀平梨花、トリプルアクセルを新SP「月の光」から投入へ

スポーツ報知によると。

 フィギュアスケート女子で世界でも成功者の少ない3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を跳ぶ紀平梨花(15)=関大KFSC=は6日、新横浜スケートセンターで行われた「ドリーム・オン・アイス」に出演し、新ショートプログラム(SP)「月の光」を披露。「とても気に入っている。前からいいなと思っていて、私が(振り付けの)デービット・ウィルソンさんに提案した」という。

 シニア転向1年目の今季から新ルールが採用されるが、トリプルアクセルはフリーはもちろん、ミスが許されないSPから投入する予定であることを明かした。「だいぶジャンプの確率が去年より上がっている。トリプルアクセルはもちろん入れていくし、4回転も練習では入っている」。

 同曲は浅田真央さんが2008―09年シーズンのSPで使用。「月の光」といって真っ先に浮かぶ選手に浅田さんをあげ「ユーチューブで見たりしている」と話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA