本田真凜、JALアイススケート部への所属契約を締結

乗りものニュース によると。

2017年シーズンからシニア大会メインに転向、夢の実現に向けて新契約
 JAL(日本航空)は2018年7月10日(火)、フィギュアスケート選手の本田真凜(ほんだ まりん)さんと、JALアイススケート部に所属する契約を締結したと発表しました。

 本田さんは京都市出身の16歳(2018年7月現在)。2歳からスケートを始め、2012の全日本ノービス選手権大会(ジュニアの下のクラス)にて当時の歴代最高得点を獲得して優勝しました。2016年3月のフィギュアスケート世界ジュニア選手権では初出場ながら優勝を果たし、6月のアジアンオープントロフィー2016でも優勝。2017年シーズンからはシニア大会への参戦をメインとし、平昌オリンピックへの出場は敵わなかったものの、これからの活躍が期待されている選手です。

 本田さんはこれまでJALとスポンサー契約を締結してきました。JALアイススケート部への所属契約について、「海外の試合などで移動も多いので、とても心強く思っています」とコメント。JALは、世界を舞台に挑戦を続ける本田さんを、所属選手としてこれまで以上にサポートしていきたいとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA