先発6人変更、他力本願パス回し…世紀の大博打に出た西野監督「本意ではないけど」

ゲキサカ によると。

 世界の歴史でも例を見ない一世一代の大ギャンブル――。0-1というビハインドのまま時間稼ぎに出た日本代表は、フェアプレーポイントによるわずかな差で決勝トーナメント進出を決めた。大博打策に出た西野朗監督はホッとした表情でテレビインタビューに応えた。

 第1戦のコロンビア戦、第2戦のセネガル戦は同じスターティングイレブンで臨んだが、ここに来て一気に6人を変更。W杯デビューの選手が3人を数え、本来はサイドバックのDF酒井高徳を右サイドハーフで起用するなど、突破の可能性を大きく残しているチームとしては異例の起用に打って出た。

 ボルゴグラードを襲った酷暑の影響もあり、日本は立ち上がりからスイッチを入れられない。スコアレスで前半を終えたものの、後半14分にセットプレーからゴールを割られて失点した。だが、後半途中に他会場のコロンビアが先制。この情報が入ったのか、日本はMF長谷部誠を入れてボール回しをするギャンブル策に出た。

 このまま0-1で試合は終わり、残るは他会場の結果次第。やや遅く終わったコロンビアが1-0で勝利し、日本は直接対決で引き分けていたセネガルと同勝ち点、同得失点、同総得点となり、イエローカードとレッドカードの数で決まるフェアプレーポイントの差でグループリーグ2位突破が決まった。

「チームとすれば本意ではないけど、勝ち上がる中での戦略的なところなので、選手も本意ではないけど、成長していく中での一つだと思う」。先発6人変更の起用策、最終盤の時間稼ぎ、他力本願の大博打に打ち勝った西野監督はそう振り返った。

「他会場の流れもありますし、多様性が問われるゲームだったと思いますし、ピッチ上の選手は難しかったと思う」と選手を称えると、「ここまでは今までもあった状態なので、これから強いチャレンジを持ってやっていきたい」と気持ちは次の試合へ。決勝トーナメント1回戦は7月2日、G組1位のベルギーあるいはイングランドと対戦する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA