W杯初ゴールを喜ぶ大迫「子供のころからの夢だった」

ゲキサカ によると。

 決勝点を決めた日本代表FW大迫勇也がマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれ、試合後の記者会見に出席した。

 1-1の後半28分、MF本田圭佑の左CKに頭で合わせ、W杯初ゴールとなる勝ち越しゴールを決めたストライカーは「W杯で得点を取ることは子供のころからの夢だった。この舞台で点を取れて素直にうれしかった」と喜んだ。

 前半3分、PK獲得につながるシュートも放ち、「監督からは絶対に受け身にならないこと。前から行こうと話していた。W杯という大きな舞台では何が起こるか分からない。本当にいい入りができたと思う」と振り返った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA