真凜進化へ!決意の米国行き「新しくスタートできたら」

デイリースポーツ によると。

 フィギュアスケートで16年世界ジュニア女王の本田真凜(16)が3月31日、大阪府門真市内で行われたアイスショー「スターズ・オン・アイス」に出演。4月から米国に練習拠点を移すことを明かし、「環境を変えて新しくスタートできたら」とラファエル・アルトゥニアン・コーチに師事することを説明した。

 3月に短期で練習参加しており「練習は厳しい」と本田。同コーチはかつて浅田真央さんを指導し、現在は世界選手権男子を初制覇したネーサン・チェン(米国)を指導する。

 「すごい選手と練習できるので、吸収するものがたくさんある。女子の進化についていけるように頑張りたい」。平昌五輪を逃して涙を流した本田が、次への新たな一歩を踏み出した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA