本田真凜と世界ジュニアを争ったザギトワが金 シニア転向1年目で頂点

サンケイスポーツによると。

 平昌五輪第15日(23日、江陵アイスアリーナ)フィギュアスケート女子フリーで、ショートプロクラム(SP)4位の宮原知子(19)=関大=は合計222・38点で4位、同5位の坂本花織(17)=シスメックス=は合計209・71点で6位だった。同1位のアリーナ・ザギトワ(15)=OAR=が239・57点で金メダル、同2位のエフゲニア・メドベージェワ(18)=OAR=が238・26点で銀メダル、同3位のケイトリン・オズモンド(22)=カナダ=231・02点で銅メダルだった。

 五輪シーズンに合わせたように新星が現れた。ザギトワは昨年3月、世界ジュニア選手権で本田真凜(16)=大阪・関大高=と表彰台の中央を争い、SP、フリーともに1位でジュニア世界歴代最高の合計208・60点で初優勝した。

 シニアデビューした今季は昨年12月のグランプリ(GP)・ファイナル、今年1月の欧州選手権など主要大会で無敗を誇った。今大会は団体フリーで世界歴代2位の158・08点をマーク。個人戦のSPではメドベージェワの記録を塗り替え世界歴代最高の82・92点をたたき出すと、この日も圧巻の演技を披露。負けなしで頂点に駆け上がった。

 今大会のOAR代表にはソチ五輪団体で金メダルに輝いたユリア・リプニツカヤ(19)、個人金メダルのアデリナ・ソトニコワ(21)、2015年世界女王エリザベータ・トゥクタミシェワ(21)ら、過去に実績を持つ選手の名はなかった。この4年間で激しい世代交代が進み、ジュニア世代が一気に頭角を現した。

 日本は2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央さん(27)が昨春引退。真央さんとともにソチ五輪に出場した鈴木明子さん(32)、村上佳菜子さん(23)も銀盤に別れを告げた。ソチ後は全日本選手権4連覇を果たした宮原の一強が続いたが、その反動も大きかった。

 宮原がけがで欠場した昨季の世界選手権は三原舞依(18)=シスメックス=が5位、樋口新葉(17)=東京・日本橋女学館高=が11位、本郷理華(21)=邦和スポーツランド=が16位に終わり、上位2人の順位合計は3枠獲得の条件となる「13」に収まらず2枠にとどまった。今季、シニアデビューを飾った坂本の台頭はあったが、絶対女王を脅かす存在に長らく欠いた。

 宮原4位、坂本6位と2大会連続でメダルを逃した日本女子。昨年12月のジュニアGPファイナルで、国際スケート連盟(ISU)公認大会で世界初となる3回転半-3回転トーループを決めた紀平梨花(15)=関大KFSC=ら、22年北京五輪へ向け、楽しみな若手もいる。ロシアのように次々と10代のトップ選手を輩出し、ジュニア上がりで即戦力となれるか、フィギュア大国ニッポンの真価が問われる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA