ザギトワ引退騒動「復活のスケーター」がくれる感動 重なる真央の姿、真凜がアイスショーでつかんだこと

withnewsによると。

フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)や宇野昌磨(トヨタ自動車)らが熱戦を繰り広げた全日本選手権は22日閉幕した。一方、ロシアでは世界選手権代表をかけたロシア選手権が26日から始まった。しかし、そこに平昌五輪女子金メダリストで世界女王のアリーナ・ザギトワ(17)の姿はない。引退を心配する声さえ上がっている。日本でも2016年世界ジュニア女王の本田真凜(JAL)がシニアで伸び悩み、復活の途上だ。過去には一時競技から離れたり、成績が落ち込んだりしても復活した選手が何人もいる。浅田真央、鈴木明子、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ、イタリアのカロリナ・コストナー……。再びトップの舞台で輝いたスケーターを紹介する。

シニア参戦のロシア女子が旋風、武器は3回転半や4回転
女子はいまやトリプルアクセル(3回転半)や4回転の高難度ジャンプを争う時代になっている。12月にあったグランプリ(GP)ファイナルで表彰台に上がったのは今季シニアに参戦したロシアの3選手だった。

優勝したアリョーナ・コストルナヤ(16)は高さのある安定したトリプルアクセルを持つ。2位のアンナ・シェルバコワ(15)と3位のアレクサンドラ・トルソワ(15)は男子顔負けの4回転を跳ぶ。シェルバコワは4回転ルッツ-3回転トーループを決め、トルソワは4種類5本の4回転に挑んだ。

一方、6位に終わったザギトワの得点源は3回転ルッツ-3回転ループ。完璧にジャンプを跳んでも技術点では彼女たちにかなわない。
ロシア女子は「まるでサムライ」 ザギトワ、引退報道を否定
ロシアでは才能のある若手が次々と現れ、そして引退していく。

エレーナ・ラジオノワ(2015年世界選手権3位)やアンナ・ポゴリラヤ(2016年同3位)ら世界選手権のメダリストでさえ五輪の舞台に立つことは難しく、2大会連続の五輪出場はさらに険しい道だ。2014年ソチ五輪団体金メダルのユリア・リプニツカヤは摂食障害を理由に引退。同五輪女子金メダルのアデリナ・ソトニコワも競技から遠ざかっている。

その状況を、2012年世界選手権銀メダリストで長く競技生活を続けたロシアのアリョーナ・レオノワ(29)は「まるでサムライみたい」と例えた。そして「若い選手たちは成長期を乗り越えるのが大事。いまだけじゃなくて4年後でも難易度の高いジャンプを見せられるようにしなければいけない」と語った。

五輪後は休養を取る選手もいるが、ザギトワは試合に出続け、昨季の世界選手権でも優勝した。

だが男子並みのジャンプを跳ぶ選手たちがシニアデビューした今季は苦戦を強いられた。そして先日、ロシアの国営テレビに出演し、試合欠場の意向を明かし、一部では「引退宣言」とも報じられた。

だが、ザギトワは自身のインスタグラムで「コーチ陣に対し、私たちが一緒に成し遂げたことへ、一生感謝し続けたいと思っています。そして、私は活動休止も『引退』するつもりもありません」とつづり、報道を否定した。

真央「老後は自給自足の生活がしたい」…姉・舞とバラエティー初共演で夢語る

スポーツ報知によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(29)と元フィギュアスケート選手で姉のタレント・浅田舞(31)が、17日放送の日本テレビ系「沸騰ワード10 新春2時間SP」(金曜・後7時)に出演。姉妹でバラエティー初共演を果たし、“老後の夢”を語った。

 静岡・新富士駅にやってきた真央さんは「タケノコ王に会いにきました!」と元気いっぱい。「もうひとり連れてきちゃいました」と姉の舞を紹介し、2人で「幻の食材ハンター 静岡のタケノコ王」のところへ向かった。

 真央さんは「めちゃくちゃ楽しみなんです。本当に農業に興味があるんです」とノリノリ。そして「老後は自給自足の生活がしたいんです」と意外な夢を語った。理由は「普段、太陽に当たらないので。5歳からスケートやってきたから」だという。

 真央さんの夢について舞は「周りに友達とか家族がいれば…あとWi-Fiあったり…」とあまり乗り気ではなかった。

 さらに真央さんは、「農業でどんなものを作りたいか?」と問われると「お野菜がつくりたいです。クリの木を自分のお庭に置いたり」と話し、「(住むなら)古民家がいいです」と“渋い”暮らしを思い描いていた。

 そんな真央さんに、ロケの最後には「タケノコ王」からクリの木と「真央ちゃんのくりの木」のプレートがプレゼントされた。一緒に植樹した真央さんは「いや~、記念だ!」と大喜びしていた。

 真央さんは16日に更新した自身のインスタグラムで「たけのこ王に会いに行ってきました!」と収録の際に撮影した写真をアップしている。

 2017年に現役を引退した真央さんは、「今まで応援してくれたファンに感謝の気持ちを込めて」として、自身でプロデュースする「浅田真央サンクスツアー」を開催しながら全国を回っている。

高橋大輔、村元とのアイスダンス初披露…「必死すぎた」

読売新聞オンラインによると。

 フィギュアスケートで年明けからアイスダンスに転向した高橋大輔(関大ク)が10日、横浜市内で行われたアイスショーに出演し、パートナーの村元哉中(かな)との演技を初披露した。

 高橋は村元の演技中に登場。ゆったりとした曲に乗せ、2人が手を取り合って滑り始めると、観客から大歓声が上がった。女性を持ち上げるリフトなどはなく、短時間の共演だったが、高橋は「必死すぎて、どんな演技になっていたか想像できない」と頭をかいた。

 「だいぶ『初心者感』が出ていたと思うけど、スタートを見ていただけてうれしかった」と高橋。2月から新拠点とする米国での練習を本格的に始めるという。

ザギトワ、「夜モスクワ」で幻想的に… キュートな私服姿に喝采「ただただ美しい!」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケート平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)がインスタグラムを更新。夜のモスクワで撮影された私服姿を投稿。モデルのようなスタイリッシュな1枚が「ただただ美しい!」などとファンを歓喜させている。

 美しいモスクワの夜をバックに撮影された1枚はまるでモデルのような、スタイリッシュなカットだった。デニムにブーツ、白のパーカーにダウンジャケットを羽織ったザギトワは笑顔でポーズを決めている。幻想的な光景も相まって、実に絵になる1枚に仕上がっている。

 ザギトワはロシア語、英語、日本語で「夜モスクワ」とキャプションをつけて投稿すると、海外ファンからは「美しいクイーン」「超綺麗」「ただただ美しい!あなただけじゃなく景色もね!」「愛らしいアリーナ」「とてもスタイリッシュ」などと喝采が起きていた。

 ザギトワは年末のロシア選手権を一時的に休養することを明かしていたが、アイスショー「眠れる森の美女 2つの王国の伝説」に出演後は本格的に練習を再開する意向だという。充電の後、どんな姿を見せてくれるのか。ファンは楽しみにしている。

ザギトワ、マサルとの新春2ショットに日本ファン反響「美しい」「マサル幸せそう」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)が1日、インスタグラムを更新。愛犬マサルとの2ショットでファンに新年の挨拶を行った。この投稿に日本ファンから「マサル幸せそう」「あけおめ カワイイ!!」「まさる……元気そうですね」などとコメントが相次いでいる。

 元日、1枚の写真を掲載した。電飾が施されたクリスマスツリーの前に座り、黒のノースリーブ姿で膝の上にマサルを抱くザギトワ。愛犬は銀のメッキテープで造られた首飾りを付けているが、ザギトワの膝の上には収まり切らないほど、体が大きくなっている。18年の平昌五輪後に贈られてから2年近く。すっかり成長している様子がうかがえる。

 投稿では2019年を振り返り、日本で行われた世界選手権で優勝したことを思い出に挙げ、ファンに感謝。その上で「ハッピーニューイヤー2020!!!」と締めくくり、新春の挨拶を行った。コメント欄には、日本ファンから反響が集まっている。

「あけおめ カワイイ!!」
「マサル幸せそう」
「ザギちゃん、マサル! A Happy New Year」
「かわいいふたりが、幸せな1年になりますように」
「あなたを応援してますよ!」
「美しい、、あけましておめでとう」
「まさる……元気そうですね」
「大きくなったね、マサルちゃん!」

 今季はグランプリ(GP)ファイナルで6位に終わった後は当面休養することを明かしたザギトワ。小休止した後で2020年はどんな演技でファンを魅了してくれるのだろうか。

本田真凜、望結&紗来そろい踏みショットに反響「最強の3姉妹」「かわいすぎる」

スポニチアネックスによると。

 フィギュアスケート女子の本田真凜(18=JAL)が27日、自身のインスタグラムを更新。2人の妹との3ショットを公開し、ファンを喜ばせた。

 「いつぶりだろう~、姉妹揃いました~うれし」とつづり、マスカットを手にした自身を真ん中に、みかんを持った望結(15)、リンゴを手に笑顔の紗来(12)と並んだ貴重な3姉妹ショットを投稿。さらに、みかんを頬に寄せおどけた表情を見せたり、マスカットを頬張った自身のワンショットも添えた。

 真凜は今月行われた「全日本フィギュアスケート選手権」に出場し8位と復活を兆しを見せ、望結はフィギュアと女優業との二刀流、紗来もトレーニングを重ねるなど、それぞれが多忙の中で実現した3人そろい踏み。ネット上でも「最強の3姉妹」「かわいすぎる」「久しぶりの本田姉妹の写真うれしい」「仲良さそうでうらやましい」など絶賛する声が上がったほか、「2020年も頑張れ」「3人揃って飛躍の年に!」など、来年の活躍も期待するコメントがあふれた。

紀平梨花が圧巻Vで世界選手権へ

東スポWebによると。

 フィギュアスケートの全日本選手権の女子フリーは21日、東京・国立代々木競技場で行われ、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17=関大KFSC)が自己ベストの155・22点をマークし、合計229・20点で悲願の初優勝を飾った。圧倒的な強さで「日本一」の称号を手にし、名実ともに日本のエースとして来年3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)に乗り込む。

 最終滑走者として氷上に立った紀平。冒頭は4回転サルコーではなく3回転を選択。続くトリプルアクセルと3回転トーループの連続ジャンプ、単独のトリプルアクセルなど後続のジャンプで次々に着氷し、終わってみれば2位に20点差以上をつける独走Vとなった。

 試合後は「全日本で初めて優勝ができてすごくうれしい」と笑顔で喜びを表現。その上で「4回転なしと直前で決めました」とリスクを避けたことを明かした。演技前の時点で首位との差は133点未満。慎重にまとめれば優勝できるという冷静さが大事なところで出た。実際、ライバルたちは軒並み点数を落とし、優勝ラインは急降下。そんな中でも「気にせずにとにかく集中した」と平常心を貫いた。

 試合前のルーティンでもある睡眠を十分に取ることができず「すごく不安だった」というが、その中で結果を出したことに自信を深めた。

 伊藤みどり、荒川静香、安藤美姫、浅田真央…そうそうたるスケーターが名を連ねる全日本覇者の仲間入りを果たし、いよいよシーズン前から「一番の目標」と位置づけてきた世界選手権に挑む。ライバルは当然、ロシア勢だ。

 今季デビューした脅威の“ロシア3人娘”はグランプリファイナルの表彰台を独占。すでに複数の4回転を跳ぶ“後輩”の背中を追いかける立場だが、今度こそ公式戦初の4回転を降り、真の「紀平時代」を築く。

羽生結弦が高橋大輔と手をつないで大笑い!「負けないで」ZARD名曲のサビ熱唱も!

中日スポーツによると。

 フィギュアスケートの全日本選手権上位選手らによるエキシビション「メダリスト・オン・アイス」が23日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子シングル優勝の宇野昌磨(22)=トヨタ自動車・中京大、2位の羽生結弦(25)=ANAらが出演。羽生は2大会連続の金メダルを獲得した2018年平昌冬季五輪のフリーで演じた曲「SEIMEI」にのった演技を披露した。

 思い出深い曲とともに再出発の一歩を踏み出した。全日本選手権で戦った選手が並ぶエキシビション。羽生が選んだ曲は平昌冬季五輪のフリーで完璧に演じきった「SEIMEI」だった。

 この日のジャンプは時間が短かったため2つ。3回転ループを決めるとトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)もきれいに成功。金メダルを獲得した演技を思い出させるステップやスピンもみせ観客席をわかせた。

 この日は吹っ切れたような様子。ZARDの曲「負けないで」にあわせた世界選手権と世界ジュニア選手権の代表によるコラボレーションでは拳を突き上げてサビを熱唱し、フィナーレでも高橋大輔(関大KFSC)と手をつないでリンクを一周。コメントはなかったが、全日本2位のショックから立ち直ったようだった。